JO-TO!

大学生のための不用品取引サービス

小さく始める、持続可能な枠組みの提供

詳細を見る
社会課題に取り組むハッカソン「Civictech Challenge Cup U-22」に参加し、取り組んだサービス開発です。 課題として、大学の廃棄物問題を扱っています。 個々のニーズに応えながら、大学ならではの問題を包括的に解決することを目指します。 まだ仮説検証が甘いほか、定義がしきれていない部分もありますが、大会期間中の1ヶ月で作り上げた成果として掲載します。詳細はReDesigner for Studentに掲載しています。
制作期間 約1年(2021.09-2021.10)・継続中
制作体制 チーム制作(5人)
担当 企画、リサーチ、UI・UX設計、フロントエンド開発
スキル
jo-to アプリ概要
schedule update

chevron_left一覧に戻る