Weather Sound FAX

天気を音楽に変換して味わう

天気予報に音があったら

気象データからFAXのように読み取った天気を音符・拍として扱い、音楽を奏でる楽器です。FAXに紙を送るように、天気データの送り方をインタラクティブに制御できます。

制作期間 1週間程度(2020.06)
制作体制 個人制作
スキル

制作のきっかけ

新聞の天気欄に触発されて制作しました。「『3時間ごとの天気予報欄』をアニメーション化したら、オーディオスペクトラムのように見えるのではないか」と思い立ってから、あの欄には音楽が潜んでいるように感じてなりませんでした。実際に新聞を切り抜いてアニメーションを作ってみると、オーディオスペクトラムとは違う印象でした。しかし、なんらかの「流れ」や「巡り」が見えて、音楽を感じたことは確かでした。

制作プロセス

1.天気を音楽に変換する

  • 天気の「晴れ」や「曇り」といった識別によって属性を振り分け、これを音(符)に変換します。
  • 天気は時間の経過に伴って巡っているので、音に変換された天気は、時間の流れによって音楽になります。
  • 時間おける年月日、季節や1時間 といった節々は、楽譜における「小節」のように捉えられます。
天気を音に見立てる

2.天気のデータを気象庁から拝借

  • 国土交通省 気象庁のサイト内にある、過去の気象データ・ダウンロード より、csv形式で気象データをダウンロードしました
  • このサイトから随時好きな「時期の楽譜」をダウンロードして楽しめるイメージです。

3.Processingでの実装

気象庁から拝借したcsvを整形して読み込み、演奏するプログラムを書きました。

開始画面
演奏中の様子
概要と操作方法

展望

制作当時、スピード戦で一旦形にしたかったので、扱いに慣れていたProcessingで作成しました。そのため、体験にはProcessingの環境が必要な状態です。手軽に楽しめるように、将来的にはWebアプリ化したいと考えています。現状、天気データのcsvを ①ダウンロードして ②整形して ③読み込む というとんでもない手間がかかっているので、もっと手軽に、シームレスな演奏体験を作り上げていきたいです。

schedule update

chevron_left一覧に戻る